効果的な印刷のためには用紙の選択が大切です

最新記事一覧

印刷機

お店の宣伝をしたい

チラシ印刷をする場合、業者の選び方が重要になります。それぞれの業者で得意としているジャンルが異なりますので、その違いをよく確認しておきましょう。格安のところにも様々な種類があるため、細かな違いも見ておくべきです。
印刷機

用紙の種類について

印刷用紙の種類と特徴を知ることで、適切なチラシ印刷物を作成することが可能です。写真中心のチラシ印刷物を作る場合にはコート紙が向いていて、文字中心のチラシ印刷物では軽量コート紙を使用すると良いといわれています。
印刷機

印刷物の良いところ

デジタルかが進みペーパーレス化が進んだとしても、チラシ印刷物のような紙媒体は生き残っていくでしょう。何故なら、その手軽さが人々から高い評価を受けているからです。また、印刷物の作成はチラシ印刷物を得意とする印刷会社に依頼することが多いです。
CMYK

色に関する知識

チラシ印刷物を作成するときには、色を意識しておくと見やすく綺麗なものに仕上がるでしょう。特にカラー印刷の場合、CMYKの4原色を組み合わせて色を作っていくことになります。イメージ通りの色かどうかは、カラーチャートで確認すると良いです。
インク

業者を利用する場合

チラシ印刷をする場合には、費用に関して気にしておいた方が良いです。費用はかなり先先々のことを予測して計画を立てましょう。それ以外では、いつまでに納品されるかもよく確認しておくことが必要です。納品時期は少し余裕を持った方が良いです。

用紙の特徴

フライヤー

用紙と印刷法の選択

チラシ印刷をする時は、コート紙やマットコート紙を選ぶことが多いですが、上質紙なども活用されます。上質紙は一般で広く使用されているコピー用紙と同じような質感です。両面ともコートされていないのが上質紙の特徴です。上質紙は筆記性に優れているので、アンケート用紙を作成するときにも向いています。チラシにアンケートの部分を作って、そこをミシン加工によって切り離せるようにすると便利です。チラシ印刷の依頼先を考える時は、加工技術に注目するのも大切です。チラシ印刷は広告手段ですので、コストパフォーマンスを考える必要もあります。チラシ印刷の印刷法としてオンデマンド印刷とオフセット印刷とがあります。オンデマンド印刷とオフセット印刷のどちらかを選ぶかは、印刷する部数によります。目安として200部以下の場合は、オンデマンドを選んだ方がコストパフォーマンスが高くなる傾向があります。オンデマンド印刷は版を作らずに印刷できます。小部数の印刷に向いているオンデマンド印刷は超高性能なプリンターと考えることもできます。オフセット印刷は部数が多いほど、オンデマンドと比較して印刷費用が安くなります。仕上がりが美しいこともオフセット印刷の特徴です。チラシ印刷の時にコストパフォーマンスを考える時は、印刷部数を考えます。印刷物の多さによって選択する印刷法は異なります。印刷部数によってオンデマンド印刷とオフセット印刷を上手く使い分けるのは大切です。印刷法の選択がコストパフォーマンスに与える影響はよく考える必要があります。

PICK UP

印刷機

お店の宣伝をしたい

チラシ印刷をする場合、業者の選び方が重要になります。それぞれの業者で得意としているジャンルが異なりますので、その違いをよく確認しておきましょう。格安のところにも様々な種類があるため、細かな違いも見ておくべきです。
印刷機

用紙の種類について

印刷用紙の種類と特徴を知ることで、適切なチラシ印刷物を作成することが可能です。写真中心のチラシ印刷物を作る場合にはコート紙が向いていて、文字中心のチラシ印刷物では軽量コート紙を使用すると良いといわれています。
印刷機

印刷物の良いところ

デジタルかが進みペーパーレス化が進んだとしても、チラシ印刷物のような紙媒体は生き残っていくでしょう。何故なら、その手軽さが人々から高い評価を受けているからです。また、印刷物の作成はチラシ印刷物を得意とする印刷会社に依頼することが多いです。