効果的な印刷のためには用紙の選択が大切です

最新記事一覧

用紙の種類について

印刷機

どんな用紙が使われるのか

チラシ印刷で使われる用紙には色々な種類のものが存在します。一般的な印刷現場で使われている印刷用紙には、非塗工印刷用紙・塗工印刷用紙・特殊印刷用紙の3種類が挙げられます。非塗工印刷用紙とは、表面に光沢がない用紙のことであり、白色度と平滑度の優れている順に、化学パルプ100%の上質紙、化学パルプに機械パルプや古紙が一定割合混ざっている中質紙、古紙の割合が高い下級紙があります。上質紙や中質紙は書籍などに使われ、下級紙は漫画雑誌などに使われていて、チラシ印刷物ではあまり用いられません。塗工印刷用紙とは、紙の表面に白い粉と接着剤を水で練り合わせた塗料を塗り、圧力をかけたロールの間を通して紙の表面を滑らかにし、光沢をつけた用紙のことをいいます。塗工印刷用紙には、アート紙やコート紙など様々な種類が存在します。アート紙は上質紙をベースにして表面を厚めにコーティングしたものであり、印刷用としては最高級のクラスに位置しています。そのため、発色に高いクオリティが求められるポスターや、美術書などに使われることが多いです。コート紙は上質紙や中質紙をベースとして、表面にコーティングを施したものです。アート紙ほどの高級感は出せないものの、カタログやカレンダーなどに使われます。また、写真中心のチラシ印刷物にもコート紙を使うケースが少なくありません。さらにコート紙の中でも、軽量コート紙はコーティング量を少なくしています。そのため、文字中心のチラシ印刷物に軽量コート紙を使用することがあります。